Sample

 あるうちに一つの鳥かごがありました。
 鳥かごと云《い》ふよりは、鳥箱といふ方が、よくわかるかもしれません。それは、天井と、底と、三方の壁とが、無暗《むやみ》に厚い板でできてゐて、正面丈《だ》けが、針がねの網でこさへた戸になってゐました。
 そして小さなガラスの窓が横の方についてゐました。ある日一疋《ぴき》の子供のひよどりがその中に入れられました。ひよどりは、そんなせまい、くらいところへ入れられたので、いやがってバタバタバタバタしました。
 鳥かごは、早速、
「バタバタ云っちゃいかん。」と云ひました。ひよどりは、それでも、まだ、バタバタしてゐましたが、つかれてうごけなくなると、こんどは、おっかさんの名を呼んで、泣きました。鳥かごは、早速、「泣いちゃいかん。」と云ひました。この時、とりかごは、急に、ははあおれは先生なんだなと気がつきました。なるほど、さう気がついて見ると、小さなガラスの窓は、鳥かごの顔、正面の網戸が、立派なチョッキと云ふわけでした。いよいよさうきまって見ると、鳥かごは、もう、一分もじっとしてゐられませんでした。そこで
「おれは先生なんだぞ。鳥箱先生といふんだぞ。お前を教育するんだぞ。」と云ひました。ひよどりも仕方なく、それからは、鳥箱先生と呼んでゐました。
 けれども、ひよどりは、先生を大嫌《だいきら》ひでした。毎日、じっと先生の腹の中に居るのでしたが、もう、それを見るのもいやでしたから、いつも目をつぶってゐました。目をつぶっても、もしか、ひょっと、先生のことを考へたら、もうむねが悪くなるのでした。ところが、そのひよどりは、ある時、七日といふもの、一つぶの粟《あは》も貰《もら》ひませんでした。みんな忘れてゐたのです。そこで、もうひもじくって、ひもじくって、たうとう、くちばしをパクパクさせながら、死んでしまひました。
鳥箱先生も
「あゝ哀れなことだ」と云ひました。その次に来たひよどりの子供も、丁度その通りでした。たゞ、その死に方が、すこし変ってゐただけです。それは腐った水を貰った為《ため》に、赤痢になったのでした。
 その次に来たひよどりの子供は、あんまり空や林が恋しくて、たうとう、胸がつまって死んでしまひました。
 四番目のは、先生がある夏、一寸《ちょっと》油断をして網のチョッキを大きく開けたまゝ、睡《ねむ》ってゐるあひだに、乱暴な猫《ねこ》大将が来て、いきなりつかんで行ってしまったのです。鳥箱先生も目をさまして、
「あっ、いかん。生徒をかへしなさい。」と云ひましたが、猫大将はニヤニヤ笑って、向ふへ走って行ってしまひました。鳥箱先生も
「あゝ哀れなことだ。」と云ひました。しかし鳥箱先生は、それからはすっかり信用をなくしました。そしていきなり物置の棚《たな》へ連れて来られました。
「ははあ、こゝは、大へん、空気の流通が悪いな。」と鳥箱先生は云ひながら、あたりを見まはしました。棚の上には、こはれかゝった植木鉢《うゑきばち》や、古い朱塗りの手桶《てをけ》や、そんながらくたが一杯でした。そして鳥箱先生のすぐうしろに、まっくらな小さな穴がありました。
「はてな。あの穴は何だらう。獅子《しし》のほらあなかも知れない。少くとも竜のいはやだね。」と先生はひとりごとを言ひました。
 それから、夜になりました。鼠《ねずみ》が、その穴から出て来て、先生を一寸《ちょっと》かじりました。先生は大へんびっくりしましたが、無理に心をしづめてかう云ひました。
「おいおい。みだりに他人をかじるべからずといふ、カマジン国の王様の格言を知らないか。」
 鼠はびっくりして、三歩ばかりあとへさがって、ていねいにおじぎをしてから申しました。
「これは、まことにありがたいお教へでございます。実に私の肝臓までしみとほります。みだりに他人をかじるといふことは、ほんたうに悪いことでございます。私は、去年、みだりに金づちさまをかじりましたので、前歯を二本欠きました。又、今年の春は、みだりに人間の耳を噛《か》じりましたので、あぶなく殺されようとしました。実にかたじけないおさとしでございます。ついては、私のせがれ、フウと申すものは、誠におろかものでございますが、どうか毎日、お教へを戴《いただ》くやうに願はれませんでございませうか。」
(宮沢賢治『鳥箱先生とフウねずみ』より)

続きが気になる方は青空文庫へどうぞ。

about this template

白黒くっきりなテンプレート。鳥さんの美しさに助けられてます!
前ページの黒い部分はぴったり下にくっつけたかったので、fixedで固定しました。なのでウインドウの高さがないと白い部分が丸々見えなくなるっていう……。
メニューの位置なども適宜書き替えて使ってくださいませー!
abcお題はNOIR様からお借りしました。
画像を差し替える場合はリンクの変更をお願いします。
(2013/08/21)